HOME > アルコールを分解する高麗人参

アルコールを分解する高麗人参

皆さんはお酒を良く飲むますか。私も20代の頃はアフターファイブに居酒屋に行っては、毎日飲み明かしていました。仲間と飲むお酒も美味しいですし、普段あまり話さない人と仲良くなるにも、お酒の力を借りることもしばしばあります。飲み会の間は楽しくて良いのですが、次の日に待っているのは辛い二日酔いです。いつも飲み過ぎたことを後悔している人は多いはずです。二日酔いさえなければと思うこともありますが、そんな辛い二日酔いを予防してくれる健康補助食品があるとしたら、飲んでみたくありませんか。お酒を飲む前でも後でも良いのですが、高麗人参を煎じて飲むと、二日酔いになりにくいと言われています。ですからこれから飲み会という予定がある人は、高麗人参を飲んで飲み会に参加してみてはいかがでしょう。そもそもお酒を飲むと酔ってしまうのは、お酒にはアルコールが含まれているからですね。アルコールには一種の麻酔作用があり、神経の伝達を鈍くするという働きがあります。そのために普段から神経質な人は気が大きくなったり、気持ちをコントロールするのが難しくなって、喜怒哀楽が激しくなったりするのです。アルコールは時間が経てば、肝臓が無害な成分に分解してくれるので、時間とともに酔いが覚めてきます。しかしこの肝臓が処理できる以上にアルコールが入ってくれば、分解するのに時間がかかったり、全てを処理できなくなり、アルコールが体の中に残るということになってしまいます。アルコールは体内でアセトアルデヒドという毒性の強い物質を発生させますので、吐き気をもよおしたり、頭が痛くなったりするわけです。最終的には肝臓の働きによって、アセトアルデヒドは水と二酸化炭素に分解され、体外に排出されますが、それまでは辛い二日酔いの症状が続きます。実は高麗人参はこのアセトアルデヒドを分解する、アセトアルデヒド脱水素酵素の働きを活性化させる作用があります。その結果いち早くアルコールが分解され、アセトアルデヒドの発生を抑制してくれるので、二日酔いになりにくくなるのです。またお酒を飲むと、アルコールと一緒にマグネシウムが出ていくので、欠乏症になる人も多いみたいです。高麗人参にはマグネシウムが豊富なので、お酒を飲む人と非常に相性が良いのですね。お酒は飲みたいけど、二日酔いが怖い、肝臓が弱り気味という人は普段から高麗人参を摂取してみませんか。特に飲み会が多い会社に入った人は高麗人参を常備しておくと、お酒に強い、頼りがいのあるイメージを示すことが出来ますよ。