HOME > 高麗人参で朝に強くなる

高麗人参で朝に強くなる

毎朝起きるのが辛い、午前中は仕事に身が入らない、寝坊が多いという人はいませんか。そんな朝が弱い人に高麗人参を使ったお茶やお酒、サプリメントをおすすめします。朝に弱い人というのは確かに存在します。決して意思が弱くて起きられないわけではありませんから、気合でなんとかしろと精神論で苦手な朝を克服できるものではありません。朝が弱いのは科学的に証明されており、セロトニンというホルモンの分泌量が不足している人に朝が弱い人が多いのです。ドーパミンやアドレナリンという言葉は聞いたことがあるでしょう。セロトニンもドーパミンやアドレナリンと同様、神経伝達物質の一種です。セロトニンは心の安らぎを感じたり、精神状態を正常に保つ上で必須のホルモンで、不足するとうつ病などの精神障害を引き起こすといわれています。同時にセロトニンの分泌が少ない人は不眠症に悩む人が多く、中々寝付けなかったり、しっかり寝たつもりでも、心身の疲れが取れていなかったりします。セロトニンの分泌が少ないのは体質的なものもありますが、体質を改善する意味でも高麗人参を飲んだ方が良いでしょう。通常人間は日の光を浴びて目覚め、日が沈むと眠りに着きます。これを体内時計と言いますが、朝が弱い人は体外体内時計が狂っていて、眠るべき時間に眠ることが出来ないのです。おそらく日中ストレスを浴び続け、肉体的にも精神的にも緊張状態が続き、活動状態と脳が認識しているため、自律神経の切り替えが出来ていないのだと思います。体内時計が狂っていると、朝が弱いだけでなく、その内さまざまな生体機能に障害が出てきます。今の内に高麗人参を飲んで、体内時計を戻した方が良いと思います。なお自律神経を整えるにはごぼう茶もおすすめです。ごぼう茶が売っている場所についてはこちらもご覧ください。