HOME > 高麗人参で視力が回復する?

高麗人参で視力が回復する?

視力が回復すると世界が変わるって言いますよね。私は小さい頃から目が悪く、6歳くらいからメガネをかけていました。大人になってからも目が悪く、コンタクトレンズを付けたり、面倒臭い時はメガネで会社に行くこともしばしばでした。しかし最近視力が回復してきた気がします。仕事が忙しく、疲れが溜まっていたので、疲労回復のために高麗人参茶を飲むようになったのですが、どうやら高麗人参に含まれるジンセノイドという物質が視力回復に一役買っていたようです。ジンセノイドとは一種の抗酸化物質なのですが、目に良いといわれるブルーベリーに含まれるアントシアニンと呼ばれる抗酸化物質と同じような働きをしてくれます。人間は年齢とともに老いていきますが、老化の原因には酸化と糖化があります。年を取ると目が悪くなるのは、目の筋肉などの細胞の働きが関係していますから、年齢とともに目の細胞が酸化したり、糖化することで視力が低下していくのです。ジンセノイドの働きはこの内、酸化を防ぐ働きがあり、細胞の老化、機能の減退を食い止めることで、視力の低下を防ぎます。また目の角膜を構成している成分にコラーゲンというたんぱく質がありますが、コラーゲンが減少すると細胞がスカスカの状態になり、密度が下がることでも目は悪くなります。ちなみに老いの原因である糖化によって、コラーゲンが失われていくのです。良く糖尿病とともに白内障などを併発する人がいますが、甘いものばかり食べていると、糖尿病だけでなく、目の病気を発症する可能性も高めます。なお高麗人参にはインスリンの分泌を促して、糖化を防ぐ作用もありますから、糖の脅威から目を守ることが出来ます。それだけでなく高麗人参はコラーゲンの生成を促して細胞の劣化を防ぎ、目を保湿して目を保護する機能を強化することも出来るのです。このように高麗人参には目に良い成分や効能がたくさんありますから、視力が良くなったのも気のせいではなさそうです。