HOME > 高麗人参で胃腸が強くなるとQOLも向上する

高麗人参で胃腸が強くなるとQOLも向上する

私は小さい頃から胃腸が強いとは決して言えない体質でした。TVアニメで有名なちびまる子ちゃんの山根君のように、ストレスを感じたり、緊張すると胃が痛くなっていましたし、脂っこい食べ物を食べたり、冷たい飲み物を飲むとすぐに胃もたれしていました。そのせいか、自然とあっさりしたものや胃に優しいものを食べるようになり、夏場でも温かい飲み物を飲むようになりました。飲み会にもあまり参加せず、健康的な食生活を送っていました。おかげで健康的でスリムな体型を手に入れたわけですが、やはり仕事場でストレスを感じたりすると胃がキリキリしますし、プレゼン中にお腹が痛くなるなど、普段の生活で支障が無いわけではありません。たまには飲み会に参加して、ビールのつまみに脂っこい食べ物や塩分の濃い食べ物を食べたいという気持ちも持っていました。家族でお出かけしても、すぐにトイレに駆け込んでしまいますし、外食すると胃が痛くなって素直に楽しむことが出来ません。なんとか胃腸が強くならないかと、高麗人参のことをネットや書籍で知り、試すようになったのです。胃腸の機能が弱いと胃炎や食道炎になったり、胃癌や食道癌にもなりやすいと言いますから、藁にもすがる思いでした。高麗人参を試して1ヶ月程してからですが、ようやくその効果を実感することが出来ました。普段昼食を食べた後やお酒を飲んだ次の日は胃もたれがして、食欲も湧かなかったのですが、食事の時間になると、すぐにお腹が空くようになったのです。また1日1回は便も出ますが、以前のように軟便ではなく、適度な硬さの便が出るようになりました。これも高麗人参のおかげで胃腸が強くなったのかもしれません。腸内環境が良いと免疫力も上がると言いますが、冬になると必ず風邪を引いていた私が風邪はおろか、インフルエンザにもかからず冬を乗り越えられたのも久しぶりです。高麗人参はアルコールを分解するので、お酒を飲む人にも良いそうです。健康であることが生活の質(QOL)を向上させると言いますが、おかげさまで楽しい毎日を送っています。今回はなんとかしたいという思いが強く、高麗人参の摂取を続けることが出来ましたが、続けて良かったと思っています。とはいえ、胃腸を労わることは忘れず、適度に楽しみたいと思っています。