HOME > インフルエンザの予防接種に高麗人参

インフルエンザの予防接種に高麗人参

毎年冬になるとインフルエンザが猛威を振るいます。毎年新型、新型と言われ、今までの予防接種では効果がないと言われ、日々怯えている人もいるでしょう。インフルエンザといえばA型、あるいはB型があることはご存じでしょうが、実はC型も存在します。ただC型についてはそれ程重い症状にならないため、それ程気にする人がいないのでしょう。症状としては喉の痛みや発熱、鼻水、咳、関節の痛み、下痢、腹痛など、風邪の諸症状と似ていますが、風邪よりも症状が重いという特徴があります。しかも普通の風邪薬では効果がなく、およそ1週間程上記のような状態が続きます。インフルエンザは非常に感染力が高く、飛沫感染しますから、一度流行すると全国に一斉に拡大します。ですから普段からインフルエンザにかからないような対策をすることが身を守り、ひいては大流行を抑えることにも繋がるというわけです。インフルエンザの予防といえば予防接種があります。予防接種を受けることは最大の予防策になりますから、是非1人でも多くの人に予防接種を受けてもらいたいのですが、中には型違いのインフルエンザにかかってしまうこともあります。例えばA型の予防接種をしたけど、B型にかかってしまった場合などですね。こうした事態を避けるためには自分の免疫力を高めておくことが大切です。そのために高麗人参を活用するのです。高麗人参を普段から食べておくと、いざ細菌やウィルスが体内に侵入しても、症状の進行を抑えることが出来ます。高麗人参は自律神経のバランスを整えたり、白血球を増加させて、免疫力の低下を防ぎます。高麗人参は乾燥させたものを煎じて飲んでも良いですし、味が気になる場合は蜂蜜を入れたり、砂糖を入れたりして飲むことも出来ます。慣れない内は少量からチャレンジしても良いですし、カプセルや錠剤を用いても良いでしょう。大切なことは継続ですから、飲み方を工夫して高麗人参を飲むようにしましょう。どうしても高麗人参が食べられないという人は、風邪の予防に玉ねぎの効能も期待できます。玉ねぎを食べましょう。