HOME > 高麗人参の摂取量に上限はある?

高麗人参の摂取量に上限はある?

高麗人参の摂取量は特に決まりはありません。
しかし過剰に摂取すると副作用がないとも言い切れません。

例えば活力が付きすぎて眠れなくなったり、頭痛やめまい、血圧の上昇による動悸、息切れを引き起こすことがあります。
また持病を持っている方は高麗人参と治療薬の飲み合わせによって、薬の効果が半減したり、薬物相互作用が起こる恐れも否定できません。

特に肝臓や心臓、血管系の治療薬(ワーファリン、高血圧の薬)などの効果を低下させることが分かっています。
ですから今現在服用している薬があるという方は、専門の医師の判断を仰いでください。

高麗人参の摂取量については、摂取方法によっても異なりますが、サプリメントを飲んでいるという方は、説明書をよく読み、用法用量を守っていれば問題ないと思います。
ちなみに多くのサプリメントは一日の上限摂取量を100mg程度としているようです。

なお高麗人参を煎じて飲むという方はもう少し摂取量が少なくなるでしょう。
また高麗人参を飲めば良いかというと、一般的には空腹時が良いとされています。

例えば朝食と昼食の間、あるいは昼食と夕食の間といった具合でしょう。
高麗人参は食事と食事の間に飲むことで吸収率を高め、効率的とされています。

ただ空腹時に摂取して胃腸に痛みを感じる場合は食後でも構いません。
また始めて高麗人参を飲むという方は少量から試してみて、徐々に摂取量を増やして様子を見ましょう。