HOME > 高麗人参は自宅で栽培できる?

高麗人参は自宅で栽培できる?

高麗人参は別名朝鮮人参と言われていますから、朝鮮半島が産地であることが分かります。おそらく朝鮮半島の気温や湿度、土壌環境が高麗人参の栽培に適しているのでしょう。高麗人参が育ちやすい環境は暑すぎず、寒すぎない気候で、一定の水分を保持し、水はけの良い土壌が適していると言われますから、熱帯地域や寒冷地域、砂漠や湿地などでは栽培は難しいと言われます。しかしながら環境さえ合えば世界のどこでも栽培することは可能です。そのため朝鮮半島以外にもアメリカやロシアなどでも栽培されていますし、湿度が平均して50%前後の日本でも18世紀頃から栽培が開始されています。一般的には平地よりも山間部などの傾斜地の方が水はけの良い土地と言われていますので、日本では長野県や福島県などの山間部で高麗人参が盛んに栽培されています。高麗人参は栽培が非常に難しいと言われていますので、自宅で栽培することはおそらく不可能です。というのも高麗人参が立派に育つには土づくりが重要です。高麗人参は酸性の土壌を好むのですが、酸性の土自体はホームセンターなどで購入することが可能です。しかし化学肥料を使用すると腐ってしまいますし、有機栽培をしなければなりません。肥料としてはトウモロコシなどが使用されますが、化学肥料は使えないので、細菌や害虫の駆除をしながら注意して丹念に育てなければなりません。しかも土作りから種まき、収穫まで1年やそこらで終わるものではありません。高麗人参を育てようと思ったら、最低でも5,6年かかりますから、素人が簡単に育てられないことが分かります。なお高麗人参を栽培するには直射日光を当ててはなりませんから、専用の小屋などが必要ですし、かといって全く日が当たらない環境でもいけません。このように高麗人参の栽培は難しいので、サプリメントや漢方薬など、多少値が張りますが、購入した方が絶対に良いです。