HOME > 韓国と高麗人参の関係

韓国と高麗人参の関係

高麗人参といえば韓国ですよね。日本では高麗人参といえば薬というイメージが強いですが、韓国では普通に家庭料理として食卓に並びます。高麗人参といえばサムゲタンが有名ですが、それ以外にも炒めたり、天ぷらにして食べるようです。高麗人参は栽培がとても難しく、限られた地域でしか栽培することが出来ません。基本的にアジアを中心に栽培されているようですが、北緯30度から48度の気候であったり、土質が栽培に適しているようです。そのためアジアでもインドやインドネシアなど赤道付近での栽培は不可能なようです。さて、韓国ではオボナイルというお父さんやお母さんを敬う日が設けられています。日本でいえば父の日や母の日のようなものですが、母の日にはカーネーションを贈る習慣がありますね。韓国でも家族を大切にする習慣があり、オボナイルには高麗人参をプレゼントする習慣があるようです。日本では父の日はあまり活用されていない気がしますが、韓国ではお母さんと同じくらいお父さんも大切にしているのです。そのため韓国ではドラッグストアやスーパーに限らず、高麗人参専門のお店もあり、国中至る所で高麗人参を見かけることが出来ます。中には高麗人参を立ち飲みできるカフェも存在し、お酒やお茶を飲む感覚で高麗人参を飲んでいます。それだけではなく、高麗人参は石鹸などにも用いられることが多いのですが、体を洗ったり、髪を洗う際にも高麗人参を浸したお水が使われていたりします。また生の高麗人参を煎じて体に塗ったり、顔に塗ったり、まるでパックのようにも使われており、韓国に美人が多いのも高麗人参のおかげかもしれません。元々高麗人参は値が張りますが、日本人が買い物に行くとボッタくりに合う可能性もあるので、詳しい人を連れていったり、交渉する勇気を持つことも大事ですね。なお昨今ではごぼう茶を飲むと体が温まると韓国でも人気があります。ごぼうは高麗人参同様、昔から漢方に使われていますから、滋養強壮や体質改善に効果が期待できます。