HOME > 高麗人参で肩こりが無くなる

高麗人参で肩こりが無くなる

毎日忙しく働いている社会人の方、お疲れ様です。
特にデスクワーク主体の方、デスクに張り付いて、パソコンの画面とにらめっこしていると思いますが、肩こりがひどくなったりしませんか。

デスクに座ってパソコンを操作していると前かがみにもなりますし、運動といえば指の運動だけ、目も酷使して目が疲れると肩こりの原因になってしまうのです。
でも仕事だから仕方が無いと割り切るのも良いですが、肩こりって日本人しか感じないってご存じですか。

同じような作業をしているはずなのに、外国人は肩こりにならないのは何故でしょうか。
日本人はなで肩の人が多く、筋肉量も外国人に比べると少ないですね。

こうした体型の違いも関係していると考えられます。
この他にも、正座をしたり、あぐらをかいたり、相手の話に頷いて相槌を打ったりするのも日本人特有の動作ではありますが、こういった動作も肩こりに影響しているようです。

とはいえ外国人でも肩の筋肉が張ることはあります。
ただ肩こりという言葉が無いだけなのですが、つまりは精神的な影響も大きいということになります。

自分は肩こりだと思うと、肩こりの症状が余計にきつく感じてしまうわけです。
ちなみに肩こりという言葉が生まれたのは日本で、夏目漱石の小説に初めて登場したようです。

肩こりを治すにはずっと同じ姿勢でいないこと、仕事中もたまに体を動かすなどして筋肉が固まったり、血液が下半身に溜まらないようにした方が良いでしょう。
血行を良くするために高麗人参を摂取するのもおすすめです。

高麗人参は血栓が出来るのを防いだり、毛細血管を拡張して、頭から爪の先まで血液がスムーズに流れるようになるので、血の巡りがとっても良くなります。
さらに言えば、ストレスを感じて緊張している神経や筋肉をほぐす作用もあるので、肩こりが自然と改善しますよ。

また肩こりを治すには、普段使っている枕を替えてみるのも良いでしょう。
快眠博士のテクノジェルという枕は、使ってみると心地よく眠ることができ、体にかかる圧力を分散するため、肩こり対策にもおすすめです。