HOME > 更年期障害になる前に高麗人参を摂ろう

更年期障害になる前に高麗人参を摂ろう

更年期障害は男性もなるものですが、特に女性に多く、40代を過ぎたあたりから肉体的、精神的不調を起こすようになる病気です。
原因としては色々ありますが、女性の場合閉経に伴うエストロゲンの不足によるホルモンバランスの乱れが主要な原因と考えられています。

症状としては体のほてりや目まい、多汗、動悸などの他、肩こりや手足のしびれ、食欲不振や吐き気、嘔吐を感じることもあり、イライラしやすかったり、うつになったり、不意に不安感を感じることもあります。
軽度であれば耐えられるものの重度になると日常生活にも支障をきたすようになり、治療の必要が出てくるケースもあります。

例えば女性らしいふっくらとしたバストやヒップを作り出しているのもエストロゲンですし、コラーゲンを生成して骨を丈夫にしてくれるのもエストロゲンの働きです。
エストロゲンを始めとする女性ホルモンは体の機能を維持する上で重要な働きを持っており、不足すると体に色々を支障が出てきます。

さて、このような更年期障害の予防、改善に効果があると注目を集めているのが高麗人参です。
高麗人参には血液の循環を促進して自律神経を整えたり、女性ホルモンのエストロゲンを放出させて、ホルモンバランスを整える作用があると言われます。

さらに高麗人参はストレスホルモンの分泌を抑制するため、更年期のイライラや鬱といった精神的な不調を正す働きも持っています。
ですから気持ちが落ち着かない、意味もなく不安になるときに高麗人参を摂取しても良いのです。

もちろん高麗人参は薬ではありませんから、即効性はありません。
しかし副作用も少なく、継続して摂取することで更年期障害を根本から治療するのに役立つのです。

ただし万能な高麗人参も過剰摂取には気を付けなければなりません。
というのも高麗人参にはエストロゲンと似た作用を持つことから、摂り過ぎると乳がんや子宮がんなどの症状を悪化させることもあります。