HOME > 高麗人参は石鹸にも使われている

高麗人参は石鹸にも使われている

高麗人参といえば漢方薬ですから、口の中に入れるものと思われますが、意外にも高麗人参は石鹸としても使われています。日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、お隣韓国では高麗人参の石鹸は良く使われており、愛用している芸能人も多いのです。そもそも高麗人参にはサポニンという成分を持っていますが、サポニンは起泡性があり、洗剤に使われる天然の界面活性剤なのです。そのためサポニンを使った石鹸は泡立ちも良く、高い保湿効果、細胞の活性化という作用があり、お肌から健康になれると評判なのです。匂いも気になりませんし、洗い上がりはさっぱりなのに、お肌がカサカサになることもありません。サポニンの持つ保湿効果から、お肌がしっとりするのでアトピーや湿疹などの皮膚トラブルのあったり、皮膚が弱い人にもおすすめです。一度使ったことがある人に聞くと、普通の石鹸はもう使えないという程です。石鹸といえば汚れを落とすためにものと思い込んでいますが、汚れを落とすだけでなく、お肌のハリと艶も手に入れられるとしたら一石二鳥ですね。日本では高麗人参のサプリメントを飲んでいる人は増えつつありますが、石鹸を使ったことがある人は少ないはずです。体だけでなく洗顔にも使えますし、高麗人参でニキビが解消した人もたくさんいますから、是非お試しください。