HOME > 高麗人参の選び方

高麗人参の選び方

最近では健康ブームも相まって、さまざまな健康食品が登場しています。
その内の一つが高麗人参ですが、一口に高麗人参といっても色々な商品があり、どれを選んで良いか判断に迷うことでしょう。

高麗人参自体は昔から漢方薬として重宝されており、お隣中国では万能薬、仙薬とも呼ばれているそうです。
一般的に高麗人参は煎じて飲む方法がポピュラーではありますが、独特な苦みやえぐみから苦手とする人もいます。

そんな方におすすめなのが、サプリメントを利用するという方法です。
高麗人参が健康に良いといっても続けられなければ意味がありませんから、飲みやすいというのは重要なポイントですね。

それから成分について言うと、サポニンの含有量の多い高麗人参を選ぶのも重要なポイントです。
高麗人参に含まれるサポニンは別名ジンセノイドとも呼ばれますが、原料にしている高麗人参の種類によって、あるいは加工方法によって、サポニンの含有量は異なるのです。

一般的に加工のされていない状態の高麗人参を水参と呼びますが、加工の度合いによって、白参、紅参と呼ばれるようになります。
この中でもサポニンの含有量が多いのが、紅参と言われますから、サプリメントを選ぶ際は参考にしてみてください。

さらに言うと6年ものの紅参がジンセノイドの含有量が最も多いようです。