HOME > 高麗人参の七効はどんな効果?

高麗人参の七効はどんな効果?

高麗人参の薬効が高いのは分かりますが、具体的にどんな効果があるのか説明出来ますか。高麗人参は古くから七効説という言い伝えがあり、補気救脱、養心安神、生津止渇、補肺定喘、健脾消化、益血復脈、托毒合痩といった七つの効果があると言われています。呼んで字のごとくですが、一つ一つ説明したいと思います。まず補気救脱とは気力を充実させ、だるさややる気のない、虚脱状態を抜け出し、体を元気な状態に持っていくことを意味します。一方で養心安神とは身体的な状態というよりも、どちらかというと精神的な作用を意味します。つまり自律神経を整え、心身を正常な状態に保ち、精神的な安定を図ることが出来ます。次に生津止渇とは体の渇きを防ぐことをいい、体液を充実させ、具体的には糖尿病の予防に効果があることを意味しています。それから補肺定喘は肺、つまり呼吸器系器官を、健脾消化とは胃腸など消化器系器官の働きを正常な状態にし、食べものの消化吸収する力を高め、有害な物質を体外へ排出する機能を高めることを意味します。呼吸器系の強化により、風邪を引きにくくなったり、喘息の症状が改善します。さらには消化器系の強化により、下痢や便秘、腹痛、胃腸虚弱といった不調を改善します。益血復脈とは血液をきれいにし、血の巡りが良くなることを意味します。具体的には冷え性が改善したり、貧血や低血圧になりにくくなります。最後に托毒合痩ですが、これは解毒機能の強化、自然治癒力を向上させ、ひいては免疫力を向上させます。このように高麗人参にはさまざまな薬効があることが分かります。体のあらゆる器官の働き、機能を向上させますから、あらゆる疾患に効果がある、というのもあながち言い過ぎではないようです。