HOME > 高麗人参の摂取量と飲むタイミング

高麗人参の摂取量と飲むタイミング

高麗人参を普段から飲んでいる人はおそらく健康意識が高い人でしょう。しかし高麗人参をどのくらい摂取するのが望ましいのか、分からない点も多いはずです。基本的に医薬品は摂取量は厳格に定められていますが、高麗人参は薬と同じような作用があるものの、健康補助食品ですので、何グラム飲まなければならないといった基準はありません。一般的には1日1グラム程度を3回服用するというのが望ましいと言われていますが、それ以上飲んでも何か問題があるわけではありません。そのため特段異常がないようであれば、たくさん飲んで欲しいものです。ただ持病をお持ちの方や、妊婦、子ども、高齢者など、人によっては大量摂取が問題になることがありますし、また体重の大小や、消化器官の調子によっても摂取量は変わってきます。中には胃痛を感じたり、胃もたれする人もいますから、体調が悪い時は飲まない方が良いこともあります。また高麗人参はいつ飲むかによっても、効果効能は変わってきますし、ベストな摂取量も変わってきます。例えば高麗人参は食後よりも、食前に飲む方が消化吸収がスムーズに行われるため、ベストなタイミングと言われています。特に朝起きて一番最初に高麗人参を飲むと、胃腸が空っぽな状態なので、吸収率が向上します。朝水分を摂ると体に沁み渡っていく気がしますが、体が水分や栄養を欲している証拠です。また夜寝る前というのも高麗人参を摂取するベターなタイミングです。というのも、人間は寝ている間に成長ホルモンが分泌されますが、高麗人参がホルモンの分泌を円滑にし、精神を安定させたり、深い眠りについて熟睡することが出来ます。そのため疲労が驚く程回復したり、すっきりとした目覚めを手に入れることが出来ます。なおじっくり熟睡したいなら玉ねぎもおすすめです。玉ねぎには安眠効果があるので、睡眠の質を高めるには最適です。