HOME > 徳川家康も飲んでいた高麗人参

徳川家康も飲んでいた高麗人参

中国にはさまざなま漢方薬があり、東洋医学において歴史が何千年もあるものです。
昔から治療に用いられていた漢方薬ですから、その効果の高さはある程度証明されています。

さてその中でも有名な漢方薬である高麗人参ですが、日本には1000年以上も前から伝わっていたようです。
ですから歴史的な人物も高麗人参を愛用していたようです。

特に長生きした偉人として有名なのが徳川家康ですが、家康公も高麗人参を食していたようです。
徳川家康は武将としては珍しく健康オタクで、自身の健康管理にも気を使っていたといいます。

家康公は短命の時代にあって、70年以上も生きたといいます。
長生きしたおかげで天下を統一できたわけですから、高麗人参さまさまですね。

ただ高麗人参の栽培は難しく、長い年月を要しますし、一度高麗人参を育てた土地では、しばらくは栽培が出来ないようです。
ですから徳川家康も高麗人参を飲むために、朝鮮半島から高値で輸入していたようです。

現代では日本、中国、韓国で高麗人参が育てられていますが、日本で栽培に成功したのは江戸時代の中期と言われ、その後全国に栽培方法が広まっていったようです。
中でも韓国で育てられた高麗人参は質も高く、いまだに高値で取引されるようですね。

ちなみに日本で高麗人参の栽培に成功させたのは、あの平賀源内だったそうです。
江戸時代では高麗人参は高値で取引されるため、庶民では手が届かなかったといいます。

現代では手軽に高麗人参を入手できますから、有難いですね。