HOME > うつ病に悩んでいるなら高麗人参を飲もう

うつ病に悩んでいるなら高麗人参を飲もう

高麗人参は滋養強壮や疲労回復など肉体的な効果だけでなく、ストレスホルモンの分泌を抑えるとともに、脳細胞を活性化させ、うつ病などの精神的疾患にも効果があるとされています。
うつ病を始めとした精神疾患は90年代後半から増え始めており、現代社会はうつ病になるための社会環境が着々と整備されています。

増税や経済低迷による経済問題や、IT化の推進による情報量の増大、人間関係の希薄化などうつ病の引き金がありとあらゆるところに溢れているのです。
こうして過剰なストレスを感じることによりホルモンの分泌が減少していきます。

特にドーパミンやセロトニン、ノルアドレナリンといった神経伝達物質が不足すると、うつ病を発症しやすくなると言われています。
つまりうつ病とは脳の一種の病気といっても過言ではありません。

ノルアドレナリンはやる気を引き起こしてくれますし、ドーパミンは行動力や記憶力、集中力などを高める作用があります。
セロトニンは精神を安定させる作用があり、幸せを感じたときに分泌されると言われています。

快眠のためにはセロトニンが必要ですが、睡眠不足によってセロトニンの分泌量が減少すると、さらなる不眠を招きます。
その結果、さらにセロトニンの分泌量が減って、うつ病にまっしぐらというわけです。

高麗人参が精神疾患に良い効果をもたらすのは、こうした心身を元気にする神経伝達物質の分泌を盛んにする働きがあるためと言われています。
一方で高麗人参はストレスを感じたときに分泌されるコルチゾールというストレスホルモンの分泌を抑制する作用もあるので、ストレスを感じにくくし、うつ病を予防したり、改善する作用があるのです。

高麗人参は今やサプリメントで摂取することも出来ますし、ドリンク剤やエキス、粉末状のものなど多くの種類が販売されています。
ストレスをため込んでしまうと、心身ともに負担をかけてしまいますし、ひどくなると頭痛や胃痛、腹痛、倦怠感など色んな症状を引き起こし、体を蝕んでいきます。

上手くストレスを解消できれば良いですが、多くの方はそんな方法を知らないし、そんな時間も無いと言います。
取り返しがつかなくなる前に、騙されたと思って高麗人参を口にしてみるのも良いと思います。